ホリデイ・トレッキング・クラブ

IMG_1672.jpg

保養生活

 福島第一原発の爆発事故がもたらしたものの中にも、捉えようによれば、前進と言えるものがあります。たとえば何もなければ決してあり得なかった福島と石川の人の出会い。今では気持ちが通じ合う友になりました。保養プログラムを開く度にその仲がますます深まって行くのを感じます。そしていま、能登の家じんのびーとでの「保養生活」が始まりました。日常の当たり前だと思っていた家族の暮らしを奪われてしまったみなさんに、遠い他県の人間にできることはそんなに多くありません。でもほんのささやかな家があり、周りが昔なつかしい心休まる雰囲気に包まれているなら、親から子へ、人から人への思いやりが自ずと育まれ、さらに深まらないでしょうか。数奇な出会いを生かして、もう一歩前進してみたいのです。「保養生活」とは、病んだ心身の恢復を耐えて待つような受け身的ものでも、あるいはひとときの癒しを求めるような刹那的なものでもありません。保養の保には、保全、保護、保安、保守、保身など自ら行動し保つ意志が含まれています。養にもまた、養育、滋養、栄養、養気、養心、養生など、前向きに育て養う意味が並んでいます。じんのびーとは、滞在し生活しながら自らを能動的に保養する場になることを描いています。家族がいつもとは少しちがう里山の身近な自然に包まれゆったりと向き合うとき、未来への扉がまた少し開くのかもしれません。それこそが、能登の家じんのびーとを舞台に繰り広げる「保養生活」の最も大きな願いです。


ご家族おそろいで、いつでも、お好きなだけ、気ままに田舎暮らし

IMG_1684.jpg 「じんのびーとしてかっし」。能登の言葉です。のんびりとお過ごしくださいな、という気持ちをこめて、能登の家じんのびーとを福島のみなさんに開放、ご提供いたします。通年の利用が可能です。期間の限られた保養プログラムではかなわない思いっきり自由気ままな田舎暮らしをお楽しみください。ふくしま・かなざわキッズ交流キャンプのスタッフが管理人代わりとしてなるべく多くの日々に滞在する予定ですが、基本的には宿泊するみなさんで相談しながら自主的な生活を営んでいただきます。土地の食材を活かした自炊で健康増進、一日の過ごし方にはなんの規制もありません。家の周りには畑や田んぼ、裏山まで。自然豊かな能登半島におじいちゃんの家があるような、そんな気分でおつきあいください。
 じんのびーとは能登半島の奥深く、内浦の静かな海の近くにあります。大工さんだった定吉さんがご自身で建てられた威厳のある家を、親族のみなさんのご厚意により無償でお借りしています。この半世紀の間、大事に守られてきた家と環境を活かした「保養生活」は、滞在するみなさんが自主的に維持管理する気持ちに支えられています。福島ばかりでなく、広く関東東北方面で放射能被害に苛まれているみなさんをも対象にしています。この緊急事態からはじまる一軒の家を舞台にした物語の、あなたはどこに参加されますか。


IMG_1677.jpgIMG_1689.jpgIMG_1618.jpgIMG_1694.jpgIMG_1664.jpg

能登の家 じんのびーと ご利用の手引き

◉ 宿泊利用料金

 水道光熱費、屋敷内外の修繕など維持管理に必要な資金確保のため、一泊につき以下の利用料金をご負担ください。

 福島県と近隣にお住まいの方  一家族 2,000円
 FKキッズスタッフ  おとな 1,000円 子ども 500円
 FKキッズサポーター おとな 2,000円 子ども 1,000円
 サポーター希望者   3,000円(初回のみ)
 ※日帰りで一日ご利用の場合は、おとな一人 500円

◉ その他の経費

 現地との往復の交通費や食費など、宿泊利用料金以外のすべての経費は自己負担となります。

◉ 定員

 約15人。数家族での同時のご利用も可能です。ゆとりのある「保養生活」のための定員です。

◉ 生活全般

 ◆ 食事は自炊が基本です。調理器具など生活全般に必要な備品はほぼ完備しています。調味料ほか消耗品は各自で補充してください。食材はスーパー(車で20分ほど)や小さな商店(同5分ほど)で調達できます。
 ◆ 寝具のうち、シーツ、タオルケット、枕カバーはご持参ください。備品ご使用の場合は有料(一枚250円)となります。滞在最終日に洗濯してご返却ください。
 ◆ 内風呂は家の規模からするとやや小さくシャワー程度が適当です。ほかに温泉施設(車で8分ほど・ 火曜定休)を利用できます。温泉にはシャンプー類の備えはありません。

◉ バトンとして

 滞在最終日は、利用した部屋ばかりでなく家の内外を対象に入念な清掃をお願いします。次に滞在する人へ手渡すバトンとして維持管理にご協力ください。滞在中の出来事や感想、気持ち、提言など自由に書き残すノートを常備しています。よろしければそれもバトンとしてご利用ください。

◉ 連絡先

 宿泊利用のお申し込み、お問い合わせなどの連絡先は下記の通りです。なるべくメールでお願いします。

 ふくしま・かなざわキッズ交流実行委員会 じんのびーとプロジェクト(担当マスノ)
 Email fkkids@kazesan.net
 電 話  080-2341-3365
 FAX  076-287-6824







150505-5e4158.jpg

能登の家じんのびーと
〒927-0304 石川県鳳珠郡能登町柿生天5-14